FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大震災から13日目。今思うこと。

公共交通機関に多少の不便を感じているものの、
被災地としてはかなり日常に戻りつつある仙台市民です。
おかげさまで。

仙台市は津波での被害を受けた海岸部以外はほぼライフラインが復活している
ようです。(一部断水、停電などはありますが)ガスはまだです。

ただ上下水道の設備が津波の被害を受けて機能が停止しているようですので、
節水には努めないといけません。

JRが止まっているので電車通勤者はかなり不便になっています。
その分、バスがしっかりしてくれればよいのですが、本数減で大変。
地下鉄も台原~富沢までしか動かず、バスでの代替輸送もかなり限界だそうです。
(満員のバスに通過されるそうです)

今住んでいるところは街中なので、通勤には便利ですが、
余震が怖くて1人ではいられません。なので不便を承知で実家からの通勤にしています。
(今の部屋はお風呂に入れるので、泊まってもらうこと条件でお風呂貸してます・・・笑)

大震災で学んだこと。

いかに飽食だったのか。
いかに便利な生活をしていたのか。

そしてそれが当たり前だと思っていたのか。

いろいろ気づかされます。

かなり、いや相当恵まれているほうです。

こうしてPCもできる。
こうしてそれなりに日常の生活ができる。

幸せに思わなければなりません。


全国の皆さんの気持ち、本当にありがとうございます。

でも最初の物資や募金よりもこれからの生活再建に
もっともっと力を貸してください。

政府には頼れません。自分たちの保身しか考えてないから。

だから安全な地域にいる皆さん。知恵を貸してください。

こうしたら生活再建できるよね、とか。
義援金をこういう形にしたらいいよね、とか。

お金や物じゃなくてこれからは知恵ですね、きっと。

いろいろな形でのご支援、どうぞよろしくお願いいたします☆

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。