震災から3週間経過。

大震災から3週間が経過しました。

余震は静かな日と頻発する日を繰り返していて、まだまだ落ち着けませんが、
私は日常の生活を取り戻しています。

食べ物などもだいぶお店に並ぶようになりました。
ただこの震災の影響で工場が止まってしまったりして、特定のもの(納豆や乳製品)などは
手に入りにくい状態になっています。

週末は首都圏から高速バスに乗って弟がやってきました。
両親には極秘にしていたので、弟の訪問を知った両親の喜びぶりといったら・・・(笑)
でもみんなが元気になれてよかったです☆

やっぱり大事な人の顔を見ると安心する。

それだけでも私は幸せです。

あの日以来顔さえも見られなくなってしまった人が大勢いるのです。

私も大事な人に1ヶ月ぶりに会えました。
泣きそうなくらいうれしかったです。

だから、この幸せと感動を大事にしたいと思います。

日常の生活を送れることに少しうしろめたい気持ちもあります。
でも私たちのように日常の生活を送れる人が前を向いて頑張らないと、
被災地の人たちだって頑張れないと思います。(自己満足といわれるかもしれないけど)

でもあの日の経験は絶対に忘れちゃいけない。
本震の恐怖、余震の続く夜、物資のこと、ライフラインのこと・・・いつまでも忘れないで、
後世に教えていってあげたいです。

さあ!がんばろう!東北!がんばろう!北関東!
(日常生活を送れる人ね)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する