誰かに会うこと。

大震災から1ヶ月と1週間です。
週末はリフレッシュをするべく、家族で父の故郷へ帰省してきました。

地震のない、広大な土地。
天気もよくて、気持ちがいい。

実家はすでに空家ですが、年に3回ほど様子を見に行きます。

お墓参りもしたし、庭のお掃除もしました。
心配してくれた親戚の方にもごあいさつできました。

夜は近くの温泉旅館にお泊り。
バイキングでの食事ですが、好きなものが食べられます。
何よりもゆっくりと眠れたのがありがたかったです。
久しぶりにパジャマを着て寝ました。
(それに近いものを着て寝ていますが、あんまりリラックスした格好ではないです)

避難している皆さんに、この安心を分けてあげたいとさえ思いました。
それぐらいのんびりしました。

母と温泉に入りながら
「地震も温泉も同じ自然現象なのに、一方では気持ちよくて、一方では怖いと
思ってしまって、やっぱり人間って勝手だね・・・」と言ってました。

そして今日はお昼に大好きなお友達と会いました。
震災後、初でしょうね、きっと。会社関係もしくは家族以外の人とゆっくり会うのは。

彼女も私と同じくらい苦しくなるといってました。
心臓がドキドキしてきて、またあったらどうしよう・・・と思う気持ちに悩んでいるといってました。

私も同じでした。
毎日、毎日、すごくドキドキして、1人で行動するのも怖くて、ダメでした。
そんな苦しい気持ちと、震災後の落ち着かなかったこととかを話し合ったら、ココロがふっと軽くなりました。

ああ、やっぱり誰かと会って話すって大事なんだね。

震災後はいつどこで被災するのかわからなくて、仕事と自宅の往復。
大好きな人とも気軽に会えない、かなり臆病になった自分を感じていました。

短い時間だったけど、会えて、お話できて、うれしかったです、Tさん。

桜の花が満開になったのに、今日は強風と雨。
全部散らないで、もう少しだけ楽しませてくださいな。

今年の落ちてしまった桜の花をおしばなにしようと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する