2011年を振り返ります。

image.jpg

すっかり日記さぼっててすみません。
ネタは毎日何かとあるんですけどねぇ。

今年2011年はほんっとにいろんなことがありすぎて、ありすぎて、
この振り返るのをやめようかとも思いましたけど、やっぱり数年後に
読み直したときに、あの時の自分がどういう気持ちだったのかを思い出すのには
大事なんじゃないかと思って書くことにします。

2011年、最大の出来事は・・・やはり「東日本大震災」です。
最近では報道番組でいろいろ振り返っていますが、それを見ながら、
あの揺れの中での気持ちが鮮明によみがえってきます。

もうあんなオモイ、2度としたくないです。

その次の出来事は・・・やっぱり「結婚して福島県に住む」ということです。

震災で披露宴を延期しようかと思いましたが、周囲が少しだけ落ち着いて
きたこともあって、予定どおりできたことに本当に感謝しています。

その後の生活は毎日毎日放射性物質のニュースばかり。
(放射能っていうのはないんですよ、皆さん。放射性物質が放出することを
放射能というんで、間違えないでくださいね)

水も食べ物もしばらくは気をつけようと思っています。
(ごめんなさい、福島県の農家の皆さん。)

福島県をネタにして騒ぐ専門家たちの言葉はどれも信じられません。
たぶん今、いちばん詳しいのは福島県民ないのかな。

福島県はこれから先どうなっていくのか全然先が見えないけど、
それでも私は日々の生活をこなしていくだけ。

そして福島県に来て、「お友達ができたこと」も大きな出来事です。
いろんな人に出会って、お友達になることができました。

今年は特にたくさんの皆さんにお世話になりました。
本当にありがとうございます。すてきな人がたくさんいて、私は恵まれています。

来年2012年は今年よりも少しでも穏やかな年になってほしい・・・
そして被災した皆さんが少しでも前を向いて歩ける年になってほしい・・・
それを願うばかりです。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する