FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サポーターとは?


休みボケです。

サッカーを見るために頑張って起きたのに、結果があれでは、
睡眠不足がさらにきつく感じますな。

で。この日記もサッカーネタ。もちろんベガルタ仙台ネタ。
あまり書きたくはないんだけどね。でもやっぱりサポとしては書かないと。

14日(土)仙台スタジアムでのvs水戸ホーリーホック戦。
これからホームでの試合は皆勤賞で行こうと決めたので、
先の予定はすべてベガルタの試合によって左右されちゃうわけなんです。

だから、っていうわけじゃないけど、やっぱり勝ち試合が見たいとも思うし、
それよりも内容的に「よかった!」と、選手のがんばりを讃えたい
とも思っています。

が。水戸戦は全然それが感じられませんでした。
何よりも試合開始から、選手の足が止まってしまっているんです。
まぁ1週間で3試合あれば、そりゃ疲れも取れないだろうことは
考慮します。でもね、それはどこのJ2でも一緒なんです。

だから、たとえ足が止まってしまったとしても。気持ちだけでも
「勝利への執念」を見せて欲しかったのです。

それさえも感じられないまま、先制点を奪われた。。
後半ちょっとだけよくなったけど、それでもゴールへの執念は遠かった。。
何とかPKをもぎ取って、1-1で引き分けには終わったけど、
不満だらけだった。。

で。スカパー!などで写っていたっていうから、すごく恥ずかしいんだけど。

試合終了後。一部サポがね、ある選手の名前の入ったゲーフラ
(ゲームフラッグのこと)を
逆さにして、棒でたたいていたって聞きました。
それから選手にモノを投げるサポ。

一番悲しかったのは選手に対して、「負け犬仙台!とっとと帰れ!」って
コールしたサポが複数いるってこと。

いったいそれが今の選手のココロにどれだけ大きな「傷」を負わせているのか、理解してもらいたい。

そして、選手がサポとの間に「溝」を作ったかも知れないことも理解してほしい。

そんなサポなら一緒に応援したくないですよ。
ましてもや、子どもにモノを投げさせた親がいるっていうのを
見て、がっかりしました。。

報道などでは、スタジアムに来ていたサポーターみんなが
ブーイングしたみたいなことを書いていたけど、あたしはしていません。

かと言って、励ます言葉も見つかりません。

無言で見送ることしかできなかったんです。
選手がいちばんつらいはずなんだから。

何だか最近のびのびと楽しそうにサッカーをやっている姿が
ベガルタ戦士たちにはありません。
それもこれも、本当に「戦術」なのかどうかわからない指導に
しばられているせいなのかなぁ。

とにかく。
選手に対して、侮辱的な行為をはたらいたサポたちには謝罪して欲しい。
モノを投げたってサッカーは変わらないのです。

それなら、気持ちが十分に伝わるような応援を心がけてほしいのです。

どこから見ても「恥ずかしくない」サポーターでありたいと
思うのです。

ま。「負け犬」コールをするような人たちは、このブログを
読んでいないと思いますが、そのコールが後々自分たちに
帰ってくるのを予測した行動を取って欲しいと思っています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。