四十九日。

昨日、叔父の四十九日法要と納骨が終わりました。

葬儀のときから気の利かない葬儀屋とお寺さんに振り回されて、
区切りとしたこの日もいろいろありましたが、叔父はそんなバタバタを横目に
昇天したのではないかと思っています。
(ホントむかつくことばっかり・・・)

区切りを迎えたので、叔母も祖母も落ち着いてきていますが、
やっぱりまだまだですよね。だって何も言わないままの旅立ちだったんですから。。

これからは二人をできる範囲で支えていこうと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する