スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊活 その2

前回【1】の続きです。


検査の日です。
その日は朝食をとらずに来てください、とのことで、空腹で病院へ。

血糖値の検査をするそうで、
提供されたサイダーを飲み、1時間ごとに血液を採取するのだそう。

なんで、妊娠するのに、そんな検査がいるんだろう?

言われるがままにサイダーを飲み、血液を採られて、2時間以上かかって終わり。
その日はわからなかったので、また別の日に検査結果を聞きに行きました。

結果は「多嚢胞卵巣症候群(PCOS)による排卵障害」であり、
そのPCOSの原因が「インシュリン抵抗性」であること。

どうやら卵子ができるのですが、それが排卵しないことが多く、
それは卵子の膜にインシュリンに対する抵抗性があるとのこと。

それは血糖値が上がりやすい体質らしくて、糖尿病のような状態になるから、
排卵障害になるらしいとのこと。

かいつまむとそんな感じでした。

で、A病院の医師に言われたのは、
「まずはこの体質を治すために他のクリニックを紹介します。その先生に従って
治療してから、不妊治療に入ります。」とのこと。

へ?それ並行してできないんだ。ふうん。

で、A病院から紹介されたのがBクリニックという内科専門の病院。
しかも糖尿病専門のクリニックでした。当時住んでいた家から通いづらかったです。

その通院については、また次回に続きます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。