妊活 その5

前回 【4】の続きです。

実家で軽く失神してからそういう症状はなかったので、
月イチの通院の際にもそのことは医師には話しませんでした。

体重もそこそこ減ってきていたし、血液検査も問題なくて、
Bクリニックの医師からは「そろそろ(紹介してきた)婦人科の方に戻ってもいいですよ」と
言われました。

ま、体質改善ができてきた、ということなのでしょうか。
でも「グリコラン」は飲み続けてください、とのことでした。

ところが、ところが。
この失神騒動、再び起きました。
しかも今度は外出先で。

夫婦で通うようになったバーでそれは急にやってきました。
バーのお姉さんと会話をしていたのに、またあの時のように
耳が急に聞こえなくなり、自分では立っていられないくらいの脱力感。
その場でしゃがみこみ、しばらくしてからトイレに入りましたが、トイレでも
失神してしまい、だんなさんがあわてて鍵を開けてもらって助けてくれました。

なんとか家に帰りつきましたが、失神している間に下着を汚すなど、
自力では何ともできないことも起こっていました。

さすがにこれはおかしい、と思い、「グリコラン」の服用をやめました。
そしてそれを伝えに、まずはA病院に行きました。

返事は「この薬で具合が悪くなる人はめったにいない。お酒を飲んでいたせいじゃないの?」と
冷たい返事。でも2度もなったことと、共通する事項はこの薬しかないといったところ、
「僕が出した薬じゃないから、僕は知らない」とさらに突き放した返事。

あ~そうですか。わかりましたよ(怒)

そしてその週のうちに、Bクリニックへ向かいました。
Bクリニックの医師も最初は首をかしげていましたが、「まれに副作用を起こす人もいますからね」と
少しはわかってくれそうな返事。

「ま、検査結果も悪くないようだから、薬飲むのをやめましょうか」と言ってくれました。

ありがとうございます。
Bクリニックの医師から許可をもらって「グリコラン」とは別れることになりました。

さらに続きます・・・

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する