妊活 その7

またまた間が空いてしまいました。
前回、【6】の続きです。

今までの検査結果はもらっていたので、それとAクリニックでの診察経過をA4用紙4枚ほどに
まとめて、Cクリニックに向かいました。

Cクリニックは産科もそなえていて、建物は古いですが、不妊治療では有名な医師でした。
初診なので、問診票にいろいろ書き込み、「セカンドオピニオンできました」ということも伝えました。

少し待ってから、診察室に呼ばれました。
60代の男性医師でした。

持参してきた診察経過と検査結果の紙と見比べて、私の基礎体温表を見て、
医師は「このくらいの数値なら、普通なんだけどね~。」と言われました。

病院によって、いろいろ基準の数値が違うようです。

「とりあえず血液検査だけしてみようか」という話になりまして、血液検査を受けることに。
院内ですぐ結果が出るようで、1時間ほど待ってから、再び診察。

「問題ないみたいだね」と言われました。

Aクリニックでのことはどうやら誤診だったようです。
なんか悔しくなってきました。

他の病院紹介されて、薬飲んで、具合悪くなって、何だったんだ、あの時間。

Cクリニックの医師は「日本産婦人科ガイドライン」という本を見せてくれて、
「これにのっとって話をしてくれた?」と聞かれましたが、初めて見ましたよ、そんな本。

いろいろ納得する話をしていただきました。
あまり優しい口調で話してくれるわけではありませんでしたが、この先生なら、ということで、
再び最初からの治療が始まることになりました。

それ以来、Aクリニックには連絡もしていませんけどね。

続く。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する