FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桃の節句。

過去のブログを調べてみても、このネタに触れていなかったので、
今日はこのタイトルでいきましょう。

そうです、今日は女の子のお祭り「桃の節句」です。
あたしの実家でもしっかりとおひなさまが飾られております。

小さい頃に、なかなかお片付けしなかったので、「いきおくれ」
なんですな(笑)

さて、なぜ「桃の節句」というのでしょうか。
「今日は何の日?」から調べてみました。

「桃の節句」とは?

◇上巳、桃の節句
上巳の節句は五節句の一つで、元々は3月上旬の巳の日だったが、
後に3月3日に行われるようになった。
旧暦では3月3日は桃の花が咲く季節であることから「桃の節句」
とも言われる。

古来中国では、上巳の日に川で身を清め不浄を祓う習慣があった。
これが平安時代に日本に取り入れられた。
後に、紙で小さな人の形(形代)を作って、それにけがれを移し、
川や海に流して不浄を祓うようになった。この風習は、現在でも
「流し雛」として残っている。

◇雛祭り
女の子の健やかな成長を願う伝統行事。
女の子のいる家庭では、雛人形を飾り、白酒・菱餅・あられ・
桃の花等を供えて祀る。

上巳の日には、人形に穢れを移して川や海に流していたが、その
人形が次第に精巧なものになって流さずに飾っておくようになり、
雛祭りとして発展して行った。

雛祭りは始めは宮中や貴族の間で行われていたが、やがて武家
社会でも行われるようになり、江戸時代には庶民の行事となった。

元々は、5月5日の端午の節句とともに男女の別なく行われていたが、
江戸時代ごろから、豪華な雛人形は女の子に属するものとされ、
端午の節句は菖蒲の節句とも言われることから、「尚武」にかけて
男の子の節句とされるようになった。


ほほ~なるほどね。
最近ブログにかこつけて、こういうのを調べるのが好きになった
ようです。

ちなみに。あたしのおひな飾りは「8段」です。
通常は「7段」です。

いや、勝手に増やしているわけではないですよ?(笑)
五人囃子(ばやし)の下に、三歌人といって、歌人の方々の段が
あるのです。

今日は楽しく「おひな祭り」して、明日はさっさとお片付けしま
しょうね(笑)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。