FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またこの発言…。

JRでの脱線事故での犠牲はとうとう100人を越して
しまいました。運転士の方も先ほど遺体で発見されたそうです。

1度でこれだけの人のさまざまな人生を奪ってしまったことを
JR西の方にはきっちりと向き合ってもらい、2度とこのような
事故を起こさないように、徹底管理してもらいたいものです。

そして。さまざまな原因説が出てくる中で。
またもや出てきました。

「運転手はゲーム脳ではなかったのか?」

このご時世に、こんなことをのうのうといえる人間がいたんですね。
まぁ取材する方もする方だけどね。

運転士が過去にもらっている訓告処分の時の態度などから推測
だけでこんなことを発言するこの教授。どういう神経かと疑い
たくなりますよね。

確かに訓告処分を受けた理由は「ぼーっとしていた」とか
「目がうつろだった」とかいうことがあったと思います。
あたしもそこらへんから「勤務態度に問題があったのではないか」
と前回のブログで書きました。

でもあたしは運転士個人を責めるのではなく、企業全体としての
責任があるのではないかと書きました。企業が予見という立場で
そういったことを防げたのではないかと。

ところが。このM教授。
これらの行動だけで「ゲーム脳の行動によく似ている」との発言。

じゃあ何か?
こんな行動している人はみんな「ゲーム脳」なのか?と問いたいです。
そういうふうにふるまうのが普通の人だっているのに、それでも
「そうなのか?」と問いたいです。

そして。運転士が亡くなっている現在、本当の事実は運転士に
しかわからず、そのへんの心理的な問題は解明されないのでは
ないかと思いますが、それを置いても、このM教授の発言は
軽々しいとしか思えません。

このM教授。これからもこういった発言を続けるのでしょうか。
だとしたら、相当な「要注意人物」だと思われます。

最後に。100人を越えた犠牲者の冥福を再びお祈りします。
そして奇跡的に助かった方々が1日も早く心身共に回復される
ことをお祈りします。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。