ゆず2008ライブツアー「WONDERFUL WORLD」

ネタばれありです(笑)
でも東北はもうライブがないので、見ても大丈夫でしょう(笑)

まずはセットリスト(曲順)です。

1.行こっか
2.眼差し
3.君宛のメロディー
4.もうすぐ30才
(MC)
5.センチメンタル
6.呼吸
7.黄昏散歩
(MC)
8.モンテ
9.明日天気になぁれ
10.春風
~WONDERFUL WORLD~
11.凸凹
12.人間狂想曲
13.うまく言えない
14.リアル
15.夏色
16.陽はまた昇る
17.つぶやき
18.ワンダフルワールド
(アンコール)
EN1.おでかけサンバ
EN2.少年
EN3.ストーリー

ほとんどが新しいアルバムからの曲ですが、ところどころに昔の曲を入れてきて、
スパイスになっていていい感じですね。

「行こっか」は素っぴん(ゆずの2人だけで演奏すること)で。
やっぱり2人だけだと岩沢さんの高音がよく伸びていましたね。

「もうすぐ30才」では、みんなで叫びました。で、40→50→60→100といき、
2人の合成写真が会場に大写し。最後に赤ちゃんの格好の合成写真まで出てきて大爆笑。

ここでMCタイム。
「お見苦しいものを流してすみません(笑)」と北川さん、謝る(笑)

「今北京オリンピックに向けて、聖火リレーが行われていますが、今日は僕たちがみんなの
心に聖火を灯せるようなライブをしていきたいと思いますので、最後まで楽しんでいってください」

相変わらず北川さん、いいせりふですのう・・・。

でもその前に「スタッフ~↑」と言ってしまったがために、今日のライブは「フ~↑」というのが
キーワードのようになってしまいます(笑)

「センチメンタル」はみんなで合唱。
その後のしっとり系2曲を歌い終えると、映像です。

「モンテ」という曲なんですが。これはゆずの2人が育った岡村町にある床屋さんのこと。
それにちなんで、全国の思い出ある床屋さんを募集している企画があり、そのお手紙を
読み始めた北川さん。

仙台のとあるところにあった床屋さん。床屋さんなのに、名前は「うすい」だったそうです(笑)
で、久しぶりにその前を通った差出人さん。名前が変わっていたのに、びっくりしたそうです。
その名前は、、「髪髪」(笑)

みんなで「かみかみ!かみかみ!かみかみカット!」と合唱しました。

ゆずのライブといえば、ダンスがあるのが恒例でして、
今回のツアーでのダンスは何だろう?と思っていたら、あたしが今回のアルバムでいちばん
気に入っていた「凸凹」という曲でした。

ええと、振り付けを文章で表現できませんが、難しい(爆
今でも曲を聴いては、「あれ?こうだっけ?」と思い出しながら歌っています。

これを歌わなきゃゆずのライブじゃない!「夏色」はがっちり跳ねました。
アリーナの後ろでしたけど、キラキラテープ確保!

「陽はまた昇る」でも跳ねて、タオルを投げて、もうあっついんですけど(笑)

アンコール前の「WONDERFUL WORLD」ではみんなでサビの部分を大合唱。
♪世界よ 今日も回れ 回れ 君と 僕を つなぐ
 未来へ向けて 進め 進め 君も 僕も 生きていく~♪

みんなで合唱すると、スケールの大きい感動的な曲です。

2人がいったんステージをおります。
アンコールの間は、先ほどの大合唱部分を歌って2人を呼ぶのですが、
ところどころで「フ~↑」という合いの手が入るので、何だか違う曲のようでした(笑)

さあさあ!楽しいアンコールの時間だよ!
2人も、バンドメンバーも、緑の葉をつけた衣装に着替えて、会場と楽しくかけあいしながら
「おでかけサンバ」を合唱。

2人の掛け合い「せーん!」「だーい!」「ぎゅう!」「たん!」とメロディに合わせるのが
おもしろかったです。

「少年」はお決まりのダンスで、またまた暑くなってきました(笑)

ラストは、「ストーリー」です。そう、トヨタ・ラクティスのCMソングです。
サビの部分で手で「ラ」と作るのですが、よくわからなくて、まる作っていたのはあたしです(笑)

という感じで。
トータル3時間のライブはあっという間に終わってしまいました。

開演は16時、終わったのは19時。
いつもどおり楽しい楽しいライブでした♪♪

みちのくダービーにはいけなかったけど、でもゆずのライブに来てよかったです。
ホント、長くてすみません(笑)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する